男女の産み分け 性別が決まるには

精子と卵子には、それぞれ23組の対になっている染色体があり、男女の性別は、精子の23番目の染色体によって決まります。

XX染色体を持つ精子をX精子、YY染色体を持つ精子をY精子といいます。

この2つのどちらかと卵子が受精して、男女の性別が決定するというわけです。

X精子
酸性に強く、寿命が2〜3日と長いです。女の子が産まれます。

Y精子
アルカリ性に強く、寿命が24時間と短い。数がX精子の2倍あり、運動量が多いです。男の子が産まれます。  

《私が思うに》 
 男の子・女の子が産まれる仕組みを知るのもいいかなぁと、ちょっと保健の授業風に紹介してみました((^┰^))ゞ 産み分け方法の紹介の中には、よく出るワードなので、覚えておくのもいいと思います。                          


posted by ひよこママ | 男女の産み分け
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。